2017年07月06日

オイスカ視察団いらっしゃいまいた!

昨年に引き続き、公益財団法人オイスカ中部日本研修センターより海外研修生のみなさんが視察に来てくださいました。

今年はアジア・オセアニア地域の10カ国21名と引率の職員さん4名の25名でいらっしゃいました。
みなさん日本で農業を勉強し、自国に戻ってリーダーとして活躍できるように熱心に勉強されています。
約1時間、微生物農法や土づくりの大切さについて講義で学んでいただいた後、バイム農場の圃場見学をしていただきました。

IMG_8869.jpg


アジア諸国の中にはまだまだ農業分野で発展途上の国も多く、また一方で急激に開発が進み、収奪農業や化学肥料の乱用により農地が急速に荒廃している地域もあります。
持続的に農業を営んでいくためにも土づくりを行い続けていくことの大切さを説明させていただきました。

IMG_8875.jpg

IMG_8885.jpg

圃場見学の後は微生物農法で栽培したトウモロコシ、メロン、ミニトマトの試食もしていただきました。
みなさんその甘さ、おいしさにびっくりされていました。
中にはトマトを生食する食文化がない国の方がいて、ミニトマトを食べて『ブドウのように甘くて美味しい!』と驚かれていました。

IMG_8886.jpg

IMG_8889.jpg

IMG_8887.jpg


土が良ければ野菜も自然と良くなると、圃場の土や野菜の生育を見て、試食することによって実感していただけました。
またいつでも戻ってきていただけたらと思います。
バイム農場では海外からの研修生も受け入れておりますので気軽にご相談ください。




島本バイム農場 山添
posted by 酵素の世界社 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 山添研究員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック