2017年10月25日

養鶏用発酵飼料仕込みました!



本日は滋賀県東近江市にありますNPO法人茗荷村様より養鶏用に発酵飼料を仕込みたいとのオファーを受け現地に行って参りました。現在は市販の配合飼料をメインに給餌されているそうです。

茗荷村では養鶏の他にさまざまな野菜や作物も栽培されており、米、小麦、大豆の中で販売できないものを発酵飼料化することで有効活用することを望まれています。また、飼料を発酵処理することで栄養価や消化性、嗜好性を高めたり、ニワトリの病気への抵抗性を高め歩留まりを改善できることが期待されます。

とくにニワトリは豚や牛などの他の家畜と比べて消化機能が単純なため消化率が低く、飼料の発酵処理により消化を助け、発酵菌やそれらが生み出す種々の発酵生成物がニワトリの腸内環境を整え、健康状態の維持増進に繋がるなどの効果が得やすいのではないかと思います。

IMG_0929.jpg
大豆を粉砕したもの

そこで今回は米、小麦、大豆約250kgで発酵飼料を仕込み、あわせて現在使用されている市販配合飼料についても同様に240kgを発酵飼料化するために仕込みを行いました。

IMG_0935.jpg

材料に対し3%の米糠と0.2%のバイムフード(発酵菌種)を加えてよく混ぜ、少しずつ水を打ちながら水分調整を行います。発酵菌の増殖を促すため、トウゲン1号も水に溶いて加えました。

IMG_0938.jpg


IMG_0943.jpg

材料自体が肥料と比べるとカロリーも高く発酵しやすい状態であるので水分量は肥料を仕込む際よりもやや控えました。

市販配合飼料は原料が適度に粉砕されておりさらに発酵しやすそうな印象を受けました。こちらも同様に仕込みを行いました。

IMG_0945.jpg
米、小麦、大豆で仕込んだ発酵飼料


IMG_0949.jpg
市販配合飼料も発酵処理


IMG_0950.jpg
材料を充分混合して水分調整が済んだら山脈型に整えて毛布と布団で保温します。


順調に行けば明日には少しずつ温度が上がりだし、明後日には第一回目の切り返しを行えると思います。茗荷村で栽培された米、小麦、大豆でつくる発酵飼料、良いものが出来上がることを期待したいと思います。




島本バイム農場 山添
posted by 酵素の世界社 at 17:55| Comment(0) | 山添研究員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: